児童福祉司 一貫田逸子を読んだ感想

児童福祉司 一貫田逸子という漫画を読んだ感想は、児童虐待の現場を知ることになったということです。

この漫画を読むきっかけになったのは、インターネットサイトのバナーに表示されていたことです。

あるとき、電子書籍サイトで読むことができる状況が到来したので、早速読んでみました。児童虐待に関しては、テレビやインターネットや書籍などでその様子を知ってきました。

しかし、児童福祉司 一貫田逸子を読んでいくうちに漫画に描かれた内容に釘付けとなっていきました。

特に虐待を受けた子供の描写は、児童虐待をすさまじさを物語っていました。他にも虐待の現場や様子などが描かれており、その光景を実際に見ている気分になりました。

この漫画を読んだことで、児童虐待に関する情報を別の切り口から知ることになっていきました。

この他に抱いた感想として、主人公が児童福祉司になったきっかけの虐待事件にやるせなさを感じたことです。また他のエピソードに登場する様々な事件に対しても、同様の感情を抱きました。

児童福祉司 一貫田逸子は、まんが王国では単行本形式で読むことができます。私は2巻を購入し、ipadで読んでいます。持ち運びに便利なので気が向いた時に手に取っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です